読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東日本大震災の被災者と5年半交流を続ける人たち

f:id:usita2275826:20161125200742j:plain

蔵王の山里の心遣い被災者癒やす 交流5年半

宮城県蔵王町の山里に、東日本大震災の被災者と交流を続ける人たちがいる。「山の恵みで浜の人を元気づけたい」。住民有志が初めて花見に招いてから5年半。四季折々の豊かな自然と温かな心遣いが、震災の傷を優しく包む。
 蔵王町曲竹地区。黒い畝の合間に出荷されなかった里芋が寄せられている。
 畑の持ち主の我妻正行さん(77)が「好きなだけ持っていって」と呼び掛けた。宮城県名取市、同県山元町などで被災した十数人が拾い集める。
 「自然や人との触れ合いに力をもらえる。温かく迎えてくれてありがたい」。山元町の小島絹子さん(82)は感謝した。
 我妻さんは曲竹地区の住民約20人でつくる「笑顔の会」の会長だ。2011年3月11日、発会式のさなか、揺れに襲われた。
 未曽有の大災害に見舞われた宮城県石巻市や福島県南相馬市など県内外から、被災した人たちが町の遠刈田温泉に避難してきた。
 「目の前に困っている人たちがいる。力になれないか」。地域活性化から被災者支援へ、笑顔の会の趣旨は切り替わった。
 11年5月初旬、町への避難者を地元の観光花木園に招待した。皆暗く沈んだ表情。満開の桃の花を見て涙を流す人がいた。「地獄から天国だ」と声が漏れた。
 「よっぽどつらい思いをしたのだろう。ひとときでも、蔵王で明るい気持ちになってもらえたら」
 我妻さんは、知人で被災者の支援活動をしていた宮城県柴田町の山木秀子さん(74)と連携。蔵王の特産を生かしたレクリエーションを企画し、山元などから被災した人を受け入れた。
 梨狩り、大根掘り、梅の実拾い、つぼみ菜摘み。多くの農家が協力した。
 「浜はさぞ大変だろう。人ごとではない」。シベリア抑留を経験したお年寄りは境遇に思いを寄せ、無償で作物を提供した。
 その後、自宅を再建した後も梨を買いに来るなど、個人的な付き合いが深まりつつある。「応援と言えるか分からないけど、できる範囲で続けていきたい」と我妻さん。気張らず、息長く寄り添う。

第4回東区牛田山ぐるっとハイキング

f:id:usita2275826:20161107073600j:plain

参加者募集!第4回東区牛田山ぐるっとハイキング

都心に最も近いハイキングコースでリフレッシュしませんか?
ご家族での参加をお待ちしています!
 東区牛田地区には、都心の近郊には珍しい、複数の山を縦走することができる全長約5kmのハイキングコースがあります。

 11月27日(日)、ファミリーから健脚者まで幅広い参加者を対象としたハイキングを開催します。

 コースは、誰でも楽しめるように、らくらくファミリー、自然観察、歴史と自然満喫、健脚などの複数コースを用意しています。

 当日は、広島メイプルレッズの選手も参加します。みんなで一緒にハイキングしましょう。

 個人の方はもちろん、ご家族や友人、 職場のグループやサークルなど、多数の皆様の御参加をお待ちしています。

 【期 日】 平成28年11月27日(日)

 【場 所】 東区牛田山ほか

【対象者】 どなたでも(小学生以下は保護者同伴)

 【参加費】 無料

 【持参物】 飲み物、帽子、タオル、手袋など(昼食の持参は各自でご判断ください)

 【雨天時】 当日6:55のNHKテレビの天気予報で、午前中の降水確率40%以上の場合は中止します

 【申し込み先】 11/1-11/21(8:30-17:00)に、 東区地域起こし推進課(電話:082-568-7705) へ 電話申込

 

f:id:usita2275826:20161107073731j:plain

f:id:usita2275826:20161107073957j:plain

広島東洋カープ優勝報告会

 

f:id:usita2275826:20161101182330p:plain

ファンの皆さんの熱い声援を力に変え、
25年ぶりのセ・リーグ優勝を果たした
広島東洋カープ。
ひとりでも多くの方に感謝の気持ちを
届けるために。
そして、今世紀初の優勝を共に祝うために。
1975年以来二度目となる優勝パレード、
そして、優勝報告会を開催します。

f:id:usita2275826:20161101182412j:plain


【開催日】平成28年11月5日(土)※小雨決行【開催時間】午前10時30分~午前11時15分

【コース】平和大通り 西観音町電停東交差点東側~鶴見橋西詰(全長約3km)

優勝報告会
【開催日】平成28年11月5日(土)※小雨決行
※中止となった場合の予備日はございません。

【開催時間】午後0時15分~午後1時15分(予定)

【場所】MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島
※入場整理券が必要となります。
(入場整理券の抽選受付は終了しました)
※再入場はできません。 【開門時間】午前9時(予定)

【開門ゲート】メインゲート・正面ゲート・JR側ゲートの3箇所

【内容】

〈優勝報告会前イベント〉
優勝パレード生中継

〈優勝報告会〉
祝辞
 優勝報告
 監督、選手による場内一周
 記念撮影
 「それ行けカープ」大合唱

f:id:usita2275826:20161101182859p:plain

本川みんなの文化祭

f:id:usita2275826:20130606113319j:plain

ゲバントホール...

f:id:usita2275826:20161018180532j:plain

f:id:usita2275826:20161018180639j:plain

開催日:2016年10月29日(土)

開 場:12:00

開 演:13:00

入場料:¥2,000(高校生以下無料)

f:id:usita2275826:20161018181928j:plain

f:id:usita2275826:20161019111106p:plain

映画『運命の背中』(上映時間四〇分)は、原爆が投下された広島を生き抜いた吉川清さん(八六年に七四歳で死去)、生美さん(九〇)夫妻の姿を描いたものである。二人は実在の人物で、妻の生美さんはまだ広島市内にご健在である。昭和十九年、見合いをした生美さんは、清さんの「背中に一目ぼれ」して結婚した。広島電鉄本社(中区)に勤めていた清さんは八月五日の晩から六日の朝まで防空当番で会社にいた。白島西中町(現中区西白島町)の自宅に帰り着いた直後、玄関先で背中から熱線を浴びたのである。その大やけどした背中がやがて原爆を伝えていくことになる。「原爆一号」と呼ばれた清さん亡き後、生美さんは夫の背中の写真を見せながら原爆体験を語り伝えていく・・・。

f:id:usita2275826:20161018182001j:plain

連絡先:カフェ 木もれび 090-7990-3093

◆電車でお越しの場合「広島電鉄 本川町電停」をご利用ください。本川町電停より徒歩4分JR広島駅から 「広島電鉄2・6号線」JR横川駅から 「広島電鉄7号線」JR西広島駅から「広島電鉄3号線」